カテゴリ: 日記

Google Sites (Googleサイト)には
  • 新しい Google Sites(1つのサイトが、Google Driveの1ファイルにマップされる)
  • 以前の Google Sites(もと JotSpot)
があります。

新しい〜って、いまではAppleも新しいiPadから始まり、iPad Miniも5じゃなくて2019の新しいやつ、ってなってますし、よく見かけますが、小学校の教科書感ありますよね。新しい社会、新しい理科、みたいな。

ブランディング的にはどっちが良いんでしょうね? iPad みたいに、正当後継商品ならまあ引き継げている気がしますが、かなり路線変更した場合は混乱しそうですよね。とはいえブランディング資産的にマイナスではないのかな。


さて、Googleアカウントを使った認証機構もあるということで、ちょっと情報整理用に新しい Google Sites を使っていたので雑感。

  • エディター重い
  • 画面が狭いとエディターが使いにくい。
  • リッチなコンテンツはあまりない & カスタマイズできない
  • いくつかプリセットの物はあるが、それぞれのガジェットで決まったフォーマットが挿入されるくらい。
  • 文書の構造を自然に作るようにはなっていない & あとから編集するのが煩雑
  • 題名・見出しなどがあるが、テキストブロックとは独立して設定できる or される
  • 長い文章の途中に画像などを挿入しようとすると面倒。。
  • ここは Google Docs とかからちゃんと引き継いでほしい。。
  • 逆に、コンテンツを書くとき、ブロックを意識的に細かく分けておけば編集は楽(だけどまとめて移動しようとしたりするとやはり煩雑。。)

ので、極めて小さなサイトで、
  • 各ページを小さくまとめて、あまり多く書かない
  • 決まったフォーマットのコンテンツで、画像とテキストだけ並べておけばいい
  • あとからまとめて look & feel を変えたりしない
ならば、本当に小さいうちはそこそこ便利かも。


Wiki-like なサービスで、アクセス権限管理ができて、共同編集できて使いやすい感じのサービスがあれば教えてくださいー
WYSIWYGでもそうじゃなくても良いけれど、WISIWYGの方が技術的に攻めている感じがして良いかな。

Session Buddy: https://sessionbuddy.com/

いいかもね。という。
個人的に、Google Chrome のタブ管理便利 extension を書いて使っていたりするけれど、ちゃんとした(?)こういうのを使うのもいいなあw と。

複数環境間のsyncとかできるといいんだけど(寄付しようって?w
オレオレ便利 extension ももともとそれがしたくて作ったみたいなものだしね。

というわけでちょっと使いつつ、参考にしようと思った。

jnettop, nethogs, IPtraf, iftop などを調べて、jnettop と iftop を入れてみた。

jnettop は HTTP などなら、protocol までtrackしてくれるのはすごい。
(とはいえ最近はHTTPSなサイトも多いので、ほとんどは出てこない)
しかし、configuration file が必須とか、エラーが出た時にメッセージが一瞬しか見えないとか、
なんか気づいたら落ちてるとかあったので、ちょいびみょい。
ちなみに以下の環境:
jnettop 0.13.0
Darwin Kernel Version 14.5.0 


iftop の方が表示がコンパクトなのとちょっと直感的な感じ。
グラフっぽいのが出てくるのは面白い。 
しばらくこっちを使ってみようと思っている。
 

日本郵便の年賀状CMの、このセリフ好きだなー、と思っていたんですが、田中美晴さんという方みたいですね。
http://ameblo.jp/tanaka-miharu/entry-12213458731.html?frm_src=thumb_module
(via http://akinews.com/3300.html)

メイキングで見てみると、このシーンのメイキングは写っていないので、このセリフもいろいろと取り直したりしたのかなー、などと思ったり。
よくできている。。さすがや。。

http://yubin-nenga.jp/cm/

ネット上の記事やチェックリストを参考にしつつ、タスク管理中。



[タスクリスト]

凡例:
❌: 未着手
💡: 進行中
✅: 完了 

↑このページのトップヘ